読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

「青春」の現実はたいてい悪いでしょ

「青春期」に良い思いをしたひともいるのでしょうが、個人的には良い話は聞きません。

 

そのひとはある世代なので、VHSでレンタルの映画をひたすら観ていたというし、私もさえなくて、あるところに入り浸っていました。

 

バイトか客でいるのですが、私がバイトなら友達が客だし、私が客なら友達はバイトでした。

 

その店は深夜1時までなので、そのあと友達と遊びに行くと言っても行く場所はないのです。

 

しかたないので二人でつまんないドライブに出かけるのです。

 

意味不明です。

 

全然楽しくないはずなのに、なんか楽しいような気も若干する謎のドライブなのです。

 

若い友人を観ていても、必死でプログラムの勉強をしていたり、仕事を辞めてしたまったということでえらくへこんでいたりします。

 

そういうことは普通に考えれば、楽しいはずはないのです。

 

もっと具体的に楽しいことってあるじゃないですか。

 

私にはわかりませんが、何かあると思うのです。

 

ただ彼らにどこか楽しそうな雰囲気があったりするのが不思議なのです。

 

青春期の現実はたいていさえないものなんでしょ。

 

そういう気がしてならないのですが。