世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

下町の暮らしと未来

今の日本(世界?)はチャンスだらけだ。
その理由はないから。
ないの意味は存在していないだ。
存在しないものがたくさんあるから日本(世界?)はチャンスだらけなのだ。

たとえば服だ。
女性ハイヒールが問題になっていた。
この件はわかってなかった。
理由は自分がハイヒールを履いたことがないからだ。
だがハイヒールを履くのは大変らしい。

体脂肪率のせいなのかどうかわからないが男は女より冷房を強くいれるのが好きだ。
傾向としてはそうだ。
オフィスの女性の制服でスカートがあった。今もあるが。
あのスカートのタケが短い。
だからあれでは寒いはずだ。
実際夏場にヒザカケのようなものを持っているOLさんたちが昔からいた。

クールビズとはいうが夏の仕事用の服がないのだ。
ワタシの年齢もあるのだろうがTシャツで仕事されるとちょっとイヤなのだ。
ポロシャツでも正直仕事着としては違う気がする。

作家のような仕事の人たちが昔から仕事着がないといっていた。
家で仕事をするのだから別にTシャツで仕事をしても、それどころかパジャマで仕事をしても良いのだがそれだとちょっと違うらしい。
昔からああいう人たちは仕事着がないといっていた。

仕事着がないのだ

仕事着は実際ないのだ。
ないから作らなきゃしょうがない。
だからここはブルーオーシャンなのだ。

また家もない。
今は家の間取りとして仕事部屋がないのが普通だ。
LDKという時にはこの中に仕事部屋がないのだ。
そういう部屋を持っているひともいるがそういうひとは「作業部屋」と言っているようだ。

街もない。この意味は存在しないという意味だが。

近代が終わるとずっといわれていたがいよいよ近代が終わっている。
近代の特徴の一つは職住分離だ。
今の日本の街というか地域社会は職住分離の街であり地域社会だ。
だから職住分離の(職住分離した)街や地域社会はある(存在する)のだが職住一致した街や地域社会は存在しない。
近代の後の時代名称として作家の橋本治が現代を提唱していたのでここでは現代と書く。
現代はまた職住一致に戻るとワタシは予測している。

この兆しはもうある。悪いカタチで。
世界中の街でスラムが生まれている。
スラムが生まれるのが当然なのだ。
地元に仕事がないのだ。

家と学校、家と職場の往復をするという働き方暮らし方をしてきた。
だから家と学校、職場以外の場所という意味でサードプレイスという存在が提唱されていたこともあった。
都会のオフィス街と郊外の自宅(学校と郊外の自宅)の往復をして暮らすのが近代の暮らし方だった。
こういう暮らし方では地元に仕事がないのが普通になる。
仕事がないからお金が入らない。お金が入らない人たちが増えるからスラムが生まれるのだ。

下町という下町はダウンタウンではない。ダウンタウンは繁華街だ。
下町は職住一致が特徴なのだ。
これは昔の商店街もそうだった。
商店街というのはたんに商店が並んでいるだけではなかった。

マンガの「じゃりン子チエ」のチエちゃんの暮らしが下町の暮らしだ。
家も道路に面した側が店舗で奥に住居スペースがある。
あれが下町の暮らし方で下町の家だった。
もちろん一階が店舗で二階が住居でも良いのだが。

そういう家もあまりないし。そういう家が並んだ地域もあまりないのだ。

ないから作るしかない。
だからここもブルーオーシャン

考えようによっては今の日本はチャンスだらけだ。

発酵する社会と個人

ある種の人たちがどうやらバカだったようだ。
バカというのも申し訳ないがバカだとしかいえないのだ。
馬鹿という言葉の語源は一応サンスクリット語の音からではないかといわれている。
またガキも大量にいる。
これは子供だという意味ではない餓鬼だ。
これはもともとどうやら地獄の亡者の意味だったらしい。
こういう連中が大量にいる。それが今の日本だ。

そしてこういう連中が世間でブイブイいわせているから腹が立つ。
これは今の時代の特徴だ。
特徴というのは個性だという意味でもある。
今の日本の現状は明らかに腐っている。
今の日本を腐っていると思えないひとは認識が間違っている。
今の日本は事実腐っているのだ。

ただ腐るというのは一面発酵でもある。
ワタシも今の日本を生きるひとである以上やはり腐っているのだが腐って悪臭を放っているのか発酵しているのかはよくわからない。

ただ自分は発酵している方だと信じたいだけだ。

こういう日本全体は腐っている時に文化が生まれるものだ。
これは昔ミュージシャンの大貫妙子がいっていた。

論破だとかああいうことが流行るのもそういうことの表れなのだろう。

 

転換期の眺め

時代観。
時代観というのはワタシが勝手にいっているだけだ。
今という時代をどう観るかということが時代観だ。

ワタシは今という時代は大転換期だと思っている。
たとえばもう21世紀なのだがワタシ達はまだ20世紀の感覚なのだ。
だが時代はもう21世紀。
21世紀は21世紀の感覚で生きるものなのだがまだワタシ達は出来ていない。

あるいは今の世界でおきていることはゲルマン民族の大移動レベルのことだと思っている。
USAとヨーロッパにヒトが押し寄せている。
そして東アジアでこういうことがおきないとは言えない。

また日本史でいうと江戸から明治へくらいの転換期だとも思っている。
そういう大転換の時期であってもご飯も食べるし仕事もする。
そういうことには我がながら驚いている。

江戸末期に江戸幕府の側にも有能なひとはいたという話がある。
それはそうだ。江戸末期には制度疲労が起きていた。
そして制度疲労が起きると有能なひとでもチカラが発揮できなくなる。
制度疲労とはそういうモノなのだ。

そして今の政界官界財界にもやはり有能で優秀な人たちはやはりいる。
だがこういう人たちもやはりチカラが発揮できていない。
これは江戸末期と同様の現象だ。やはり制度疲労が起きているのだ。

制度疲労が起きているのだから新しい制度設計をするのは一つの答えだ。
だがこれはそう簡単にはいかない。
だから若い人たちが右往左往しながらやっていけば良いのではないかと思っている。
でもワタシたちもやはり楽しく暮らしたい。
ワタシ達のような上の世代は隠居すれば良いと思う。
隠居といっても別に遊んで暮らすということだけが隠居ではない。

今みたいな時代には経験はあまり役に経たない。
理由は経験したことがないようなことが起きているからだ。
たとえばさっき書いたようなことを経験しているひとはいない。
19世紀から20世紀への変化も(当然だが)ゲルマン民族の大移動も江戸から明治への変化もだ。
もちろん歴史が存在する。
だから歴史に学ぶということはあるだろう。

そして若さには訳のわからないエネルギーがあるものだ。
だから若いひとが勝手にやれば良いだと思うのだ。

コモンセンスとエビデンスの葛藤

ずいぶん前になるが「ソフィー世界」が世界的に大ヒットした。

 

 


(確かだ、正直曖昧なのだ)ソフィの世界の中に「イギリス人はコモンセンスと言いフランス人はエビデンス」というとあった。
エビデンスはフランス語だったが。
コモンセンスと常識だ。
これは「いわなくてもわかっていること」をいう。
たとえば「なぜひとを殺してはいけないんですか」という聞くひとがいるとする。
このひとにはコモンセンスがない。
理由はそんなことは「いわなくてもわかっていること」だからだ。

そしてエビデンスだ。
一頃エビデンスの誤用があった。
エビデンスは科学的根拠のような意味だ。
エビデンス
「こういうエビデンスがあります。こういうエビデンスもあります。こういうエビデンスもあります。これらのエビデンスに基づいてワタシはこう考えました」のように使う。
一頃あったエビデンスの誤用ではエビデンスを結論に持ってきていた。
「こういうエビデンスになります」のように。
これは善悪の問題ではなく正誤の問題として間違いだ。誤りなのだ。

スポーツ云々という肩書のヤツがやはりエビデンスの誤用をしていてエビデンスを結論に持ってきていた。
ああいうヤツには死ぬまでスポーツには関わらないで欲しい。
スポーツは筋がきのないドラマだから面白いのだ。
エビデンスが結論に来るのであればスポーツにはやる前から結果がわかるということになる。
こういうことは揚げ足を取っている発言ではない。
ヤツはエビデンスを結論持ってこれるような発想や思想を持っているということでそれはスポーツの否定を意味している。だからそういうヤツには死ぬまでスポーツには関わらないで欲しい。

また一頃民主党政権を批判する時にも同様の誤用があった。
民主党政権の時は「こういうデータがあったのです。だから民主党政権はダメでした」のように。
このデータは失業率だったり他のデータだったりした。
だがそういうデータがなんであれやはりこれもエビデンスを結論に持って来ているのだ。
だからやはりエビデンスの誤用だった。つまり間違い。誤りだったのだ。

ワタシは民主党政権が良かったのかどうかは問題にしていない。
ワタシがいっているのはエビデンスの誤用についてだ。

水俣病の患者さんに対してあまりにもヒドイ出来事があった。
ワタシは熊本在住なのだが。
あの後地元のラジオパーソナリティが「環境庁がなぜできたのかなぜあるのかを考えて欲しい」といっていた。
環境庁(今は環境省だ)は公害問題があまりにひどくなってしまったことを受けて作られている。
公害問題にちゃんとした対応ができないのであれば環境省はいらないのだ。
つまり水俣病の患者さんにああいう対応をしたということは環境省の自己否定だ。
ここでいう自己否定の意味は「自分たちは必要ない存在なんです」といっているということなのだ。

そしてこういう自己否定は日本全体に存在している。
ワタシがある病院にかかっていた時にソーシャルワーカーが意味不明だった。
二人いたのだが二人とも訳がわからなかった。
そういうこともあってその病院からは離れた。
彼らがやっていることもやはり自己否定だ。
「ワタシは必要ない存在なんです」といっているのだ。

具体的には書かないが「あそこは何もしない」といわれているところもある。
そういうところやそういうところも人たちがやっていることもやはり自己否定だ。
理由は一緒だ。
「ワタシは(ワタシたちは)必要ない存在なんです」といっている。
「なぜならワタシは(ワタシたちは)何もしませんから」だ。

これはマスコミも同様だ。
多くのニュースをマスコミは伝えていない。
これも自己否定。
「ワタシたちは必要ないんですよ。なぜならワタシたちはニュースを伝えませんから」。
だから自己否定でしかない。

そしてエビデンスを結論に持ってきていた人たちもやはり自己否定をしている。
理由はそういう人たち自身が必要ないからだ。
しつこいがエビデンスは「こういうエビデンスがあります。こういうエビデンスもあります。こういうエビデンスもあるのです。これらのエビデンスに基づいてワタシはこう考えました」という風に使うものだ。
だがエビデンスを結論に持ってきているひとはそのひとが必要なくなってしまう。
エビデンスだけがあれば良いのであってそのひとがいらない。
だからエビデンスを結論に持ってきている人たちは「自分は必要ない存在なんです。エビデンスだけがあればいいんですから」と言っていた。
だから彼らもやはり自己否定をしていたのだ。

独特な思想家、吉本隆明の視点からの消費税と国鉄民営化

吉本隆明は戦後を代表する思想家だ。

 

 


吉本の「大状況論」をちょっと前に読んだ。
そして「なるほどな」と思ったのだ。
吉本隆明はある世代に取っては独特の意味を持つひとだ。

吉本の言葉使いに「大衆」というものがある。
そして大状況論の中で大衆とともにあるのならば消費税導入には賛成すべきだったし国鉄民営禍にも賛成すべきだったと書いている。
また大店法にも言及している。

吉本はサントリーが水を売り出したことに注目している。
日本は水道のレベルガ高いので水道水も飲める。
水道水を飲んでいるひとと買った水を飲んでいるひとには租税の面での違いがあってしかるべきだという理由で吉本は大衆とともにあるのならば消費税導入に賛成すべきだといっているのだ。
ここは今勉強中だが吉本が言っている意味内容からすればこれが小売の時にだけかかる税にするのが筋でこれはアメリカでやっているカタチになる。
前に書いた時にはあまりはっきりしていなかったのだが国鉄衰退と商店街衰退の原因は同じだ。モータリゼーション
自動車が発達したので国鉄も商店街も衰退したのだ。
そして自動車産業は国の主幹産業だった。
国の政策としては自動車産業にマイナスになるようなことをするのはおかしかった。
だからあの時期の国鉄と商店街の衰退は致し方ないことだった。
というのは国鉄と商店街を復活される政策はモータリゼーションの否定にしかならなかったからだ。
具体的にいうと日本国民に車に乗るな車を買うな車の運転をするなというしかなかった。
それはあまりにおかしな話だ。
だからあの時期の国鉄と商店街の衰退は誰にもどうすることもできないことだった。


今の日本の最大の政治勢力は「支持政党なし」だ。
これは当然の結果なのだ。
与党も野党も大衆を置き去りにしているからだ。


マスコミ等で常套句になることがある。
「東京一極集中」がそうだ。これを悪いことのようにいうことが多い。
だが「東京一極集中」という政策は成功した。
東京にヒトもカネも情報も集めるという政策は実際成功したのだ。
だがこの政策は今の日本ではおそらくもううまくいかない。
この一点だけでも過去の成功した方法ではもう日本はうまくいかなくなっている。

ひどく具体的なことを書くが今ワタシはショッピンモールのフードコートにいる。
この文章はショッピンモールのフードコートで書いている。
日本以外で日本より先にこういう状況になった国や地域はないはずだ。
アメリカにはそういうことがあったのだが国の広さが違うしアメリカではショッピンモールはバスや自転車で行ける場所にはないはずだ。
だが日本ではショッピンモールにバスや自転車でも行けるのだ。もちろん車で来ているひともいるが。
そしてワタシみたいな年寄りが多くいる、

こういう現実をベースにして物事を考えて行く必要があるのだ。

司会者のミスと表現技巧

今は1980年以降の時代だ。そしてそれが今変わっている。
どの世界であっても第一世代は違っていた。

ニュースステーション久米宏がよく感情的になっていた。
ワタシは久米宏は冷静に番組を放送したかったと思っている。
だから久米が感情的になったところは久米のミスだ。
少なくともワタシはそう思っている。
そしてそういうミスが面白かった。
だがああいうミスをうまい表現技巧だと思ったひともいたのだろう。
彼らは久米宏のミスをうまい表現技巧だと思って、久米宏的なことをやっていた。

また田原総一朗朝まで生テレビの司会をやっていた。
朝生はずっと後まで他の討論番組とは違っていた。
ワタシは朝生には文句がヤマのようにあるが、それは文句だ。
ある番組(というかTVタックルだ)である時空き家が日本で大変なことになっているということをやっていた。
ワタシは「そうなら(事実大変なのだが)法整備もできるし行政も動くはずだ」と思った。
理由は本当に大変だからだ。
でもそういうことをいうとその回の放送内容が飛んでしまう。
こういうことはワイドショーでもストレートニュースでもあった。

また梨元勝が活躍していた。ワタシは梨本さんは嫌いだったのだが。
でも好き嫌いは別にして事実梨本さんには取材力があった。
それに梨本さんは芸能リポーターの仲間がやっていることがおかしい時にはそういうことも問題にしていた。
また「芸能人に対して社会正義みたいなことをいうのは違うと思う」とも言っていた。
だが「アイツも女関係はちょっとひどい」ということも発言されていた。
こういういろんな考えを抱え込んでいた梨本さんといろんな考えを考えこんでいない芸能リポーターとは同じようなリポートしていてもまったく違う。


ワタシが今のテレビに関わっていたとしてもやっぱりVTRとVTRをスタジオで受けるパートで番組を作ると思う。
だが「結局こういうカタチになっちゃうよな」と思ってそういう番組を作っているひとの番組と「テレビはこういうモノだから」と思ってそういう番組をつく会っているひとの番組とではアウトプットは同じようなものだとしても意味はまったく違う。
アウトプットは同じだとしても視聴者にもまったく違うモノになる。

こういうことが最初に書いたことと繋がるのだ。

マネージャーとエージェントの関係

まずマネージャーとエージェントについて説明する。

プロ野球選手のマネージメントをやっているのは球団だ。
英語でいうマネージャーは日本語では支配人、GM(ジェレラルマネージャー)は総支配人だ。そして日本語でいうマネージャーはまた違う存在だと考えて欲しい。
シーズンオフに選手が年棒等の交渉をする。
その時に(その席に)選手は出ない。そしてある選手の代わりに(代理で)ある知識や技術があるひとが出て交渉をするとする。
この代理人がエージェントだ。

この場合でいうとプロ野球選手が球団の悪口を死ぬほどいっていてもプロ野球選手と球団との間に信頼関係があればエージェント制は必要がない。
またマネージャーは球団全体のことを考えているのでその選手だけのことを考える訳にはいかない。
その選手だけのことを考えるのがエージェントだ。

芦原妃名子さんが亡くなった。
芦原さんのマネージメントをやっていたのが小学館だと言い切れるのかどうかはワタシにはわからない。
ただドラマ化されるとそのマンガ作品は売れる。
少なくともめちゃコミのような電子書籍のサイトでも書店でも「映像化作品」というワクに入る。
そのことでその作品がより売れる可能性が高いのだ。
その点を考えるとあの件に関する小学館の責任は大きいといわざるを得ない。

ちょっと具体的に考えてみよう。
ある漫画家にドラマ化の話が来たとする。その漫画家は最初はドラマ化に乗り気だった。
だがドラマ関係者と話しているウチに「やっぱりドラマ化は厳しいか」と思うようになった。
またドラマ関係者も「漫画家からの注文も多いしこのドラマ化はちょっと面倒だ」と思うようになった。
こういう流れがあって「じゃあ今回の話はなかったことに・・・」ということはありうるはずだ。
というかそういうことは当然あることだしそういうことがありうるという前提でいろんな人たちが動くのが当然だと思う。
あの件に関して契約書の文言が云々というひともいたが契約というものはそもそもお互いがその契約を守るという前提で取り交わすものだ。
だがあのケースではそもそも契約を履行するという意志があったのかどうかも疑わしい。(ドラマ関係者だが)

そして脚本家たちがいっていたこともおかしい。
おかしいというよりも脚本家たちが「自分たちはオリジナル作品をやりたいんだ」といえば話は違うのだ。
「自分たちはオリジナル作品をやりたいんだけれども原作があるドラマが多くて」というのならばだ。
彼らがそういう主張をしていたら話は違う。

ただ芦原先生の自殺の後にいろんな発言があって、そういう発言を聞いて、あるいは読んで思った。
真摯に仕事をシてきた人たちはたいてい不遇だったんだと。
シナリオライターでもそうだ。作家もそう。漫画家もそうかもしれない。
作家がわかりやすいが中堅くらいの作家でも出版社の新人編集者から難癖をつけられている。
たとえば「こんな辞書にも載ってない言葉は使わないでください」というように。
普通に辞書に載っている言葉であっても新人編集者はそういうことをいっている。
だからそういう発言はただの難癖だ。

思想家の内田樹さんのちょっと仕事をしたことのある新聞記者から唐突に電話がかかってくるそうだ。
「こういう件なんですけど誰に会えばいいですか」と。
失礼にもほどがある。
また芸能関係の取材に行く時に大手出版社の記者や大手新聞社の記者たちは機嫌が悪い。
たとえばM-1優勝者の取材のようなことだ。
「オレは記者様だ」と思っているからだ。
だから当てつけのように全く何も調べないで取材に行く。

昔ある役所の人事について佐高信が「バカ殿教育」と言っていたが今は大手出版社大手新聞社で「バカ殿教育」をやっている。
バカ殿教育を受けた新聞社出版社の連中がもう定年退職している。
そういうことではいくら大手でも新聞社も出版社も厳しくなるのは当然のことだ。

もちろんここには放送局も含まれる。

 

というより日本の大手企業はたいていそうだ。日本の大手企業の多くが調子悪いのはそうおいうことがあるからじゃないの?