世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

「時代は新古今」 本歌取りの時代 男らしさは"too much"

(ほんとにどうでも良い話でスイマセン)

 

今「逃げ恥」を見入るんですが「引用」がモノスゴク多いのです。

 

映画「私をスキーに連れってて」とかNHKの選挙の時の放送とかエヴァンゲリオンとか(もちろんそういうものを知らないでも楽しめますが)。

 

これは明らかに「本歌取り」です。

 

パロディではないはずです。

 

これはウィキからのコピペですが新古今和歌集の特徴は「唯美的・情調的・幻想的・絵画的・韻律的・象徴的・技巧的」なのだといわれています。

 

だから新古今は評価というより「好き嫌いがわかれる」のです。

 

正岡子規は評価しなかったというより「嫌い」だったのだとしか思えません。もちろん正岡子規は「写生」を重視していたから相いれないものがあったのでしょうが。

 

逆に北原白秋は評価しています。

 

新古今にはある種の「退廃」があるのです。デカダンスというか。

 

嫌いなひとは当然嫌いなはずです。

 

(立派なブログが多いのに本当にすいません)

 

この発言のもとは大貫妙子さんなのすが「文化は腐ったもののなかから出てくるもの」なのです。

 

「腐ること」と「発酵すること」は同じ化学変化です。

 

ある種の豊かさや時間がないと「腐ること」も「発酵すること」もありません。

 

一方では「素朴であること」であることの「美」もあります。

 

たとえば丸太の木をノコギリで切ったようなアートもあります。そういう素朴で雄大な美もあるので。

 

でも一方には凝りまくった技巧を凝らしたガラス細工のような

 

「素朴さ」が好きなひともいるでしょう。

 

「素朴さ」や「純朴さ」と「文化的洗練」は相容れないものです。

 

今の日本は「文化的洗練」の時代なのでしょう。

 

今の日本で「分かりやすい男らしさ」はパロディとしてしか存在しえないはずです。

 

だから普通に筋トレできるのです。

 

「男らしさ」は今の日本ではそれだけで"too much"(やりすぎ)です。「男」であることで十分なのです。

 

80年代にはもはや「それまでの物語」が通用しなくなっています。それはアメリカでも同様です。

 

差別の問題があって私たちは観ることができないのですが西部劇の男性像が大きく揺らいでいたのです。

 

あるいは「父親像」も大きくゆらいでいます。

 

DVだけがこれだけ問題になるのも女性側の問題というより「男なるもの」の揺らぎが原因なのです。

 

失礼なのですが「逃げ恥」で「星野源なんかがなんでガッキーの相手役なの」と怒っていたのですが星野源さん演じる男性も他の男性像も「ただの男」で全然「男らしくないところが一番の魅力」なのです。

 

「逃げ恥」は原作も脚本も女性です。

 

ある時期は女性の男に対する要求は無茶だ(なんでもかんでもハラスメントですか)とかとも思っていたのですが、やっとニュートラルな状況に立ち至りつつあるようです。

「逃げ恥」はそうとうリアルです 「石田ゆり子さんが設定上一人でしょう」

私は最初からではないですが「仕事ができるオジサン」なのです。

 

「仕事ができるひとたちはあれもこれも押し付けらるので忙しくなる」のです。

 

そういう人たちも知っているのですが「雇ったものの全然できなくてでも首にするのも違うのでそのまま働いているひとをいる」のです。

 

性別を問わず彼らはヒマです。彼らには「仕事を任せられない」のです。

 

だから彼らはヒマです。

 

実際そういう人たちがいるのですが「別にコッチも首にしてほしい」訳ではないし「いてもらってかまわない」のですが「邪魔はしないでいてくれたらいい」とは思ってるのです。

 

釣りバカ日誌」の映画を一本だけ見たのですが、あの映画のハマちゃんのようでいてくれたらそれでいいのです。

 

ホントに思っていますよ。「居てくれて全然構わないから邪魔しないで」と。

 

そういう人たちが何かしてくれるのです。その処理が超メンドクサイのです。

 

こっちは割りきってやっていますが。

 

そこで結果仕事がコッチは膨大に増えるのです。

 

若いひとならともかく良い年したオッサンオバサンの面倒を観るのはホントに疲れるのです。

 

映画「釣りバカ日誌」では谷啓さんが胃薬を飲んでいましたがハマちは業務上の邪魔はしないでくれるのでいいじゃないかと私は思いましたよ。

 

ああいう人たちは趣味とかに生きて欲しいのですよ。いいんですよ。邪魔さえしてくれれば良いんですよ。その処理を密かにコッチがしているのですよ。

 

あれがホントに疲れるのです。

年末に「逃げ恥」の再放送の冒頭を観て オジサンオバサンたちもイヤなんですよ

私も年なので「上司」とか「クライアント」の立場で観ています。

 

星野源新垣結衣さんへのビジネスライクな指示や石田百合子さんの部下への指示の描写を観て「そうだよね」と思いました。

 

星野源さんの冷静で冷たい指示や石田百合子さんの的確な指示を観て私は正直ウンザリしたのです。

 

「これはしてください」「これはしないでください」

 

「こういうミスをしましたよね。それに対する対応は前にも教えましたよね」

 

若い人ならそういう風に言われることがイヤなのでしょうがオジサンオバサンはそういうことをいうのがイヤなのです。

 

私もある職場で「メモ取ってください」といったことがあります。

 

今の私にとってはメモを取るのは仕事上の基本にしかすぎないのですが彼にはそういう習慣がなかったのです。

 

しかも同じことを何回もいう必要があったりします。

 

「言われる方も言われたくない」と思うのですが「言う方も言いたくない」のです。

 

そういうことをいうと嫌われるのです。

 

でも業務上の指示とか指示を出す必要がありますし、ミスがあったらそのミスを繰り返し欲しくないので「こういう対応をしてください」といわざるを得ないのでオジサンオバサンたちはいっています。

 

こっちだってそういうことは言いたくないのです。

 

「逃げ恥」の冒頭の星野源さんのように「氷の人間」になることができれば楽なんですが。

 

オジサンオバサンたちもアレはイヤなんですよ。ホントにああいうことは「言いたくない」のです。

 

 

テレビが伝える「情報」について考える

 

テレビが不振です。これは大きな流れのようなもので誰かの力ではどうにもならないことなのかもしれません。

 

私は現状のテレビのあり方は変わると考えています。今の日本では「100万」というのが一つの単位です。

 

「100人動員(たとえば映画)」「100万部突破(本などで)」「100万ダウンロード突破(シングル曲なので)」。

 

これから私がやるうような数字の扱い方は問題外です。数字はもっと丁寧に扱うものですから。でもここでは仮に今(2017年)の日本の人口が1億人でその1億人がそれぞれにテレビをもっていてそれなりの気持ちで番組を観ているとします。

 

そういう仮定で考えるとテレビで100万人というのは「視聴率1%」です。

 

同じ仮定で考えると視聴率10%なら1千万人のひとが観ていることになります。視聴率20%なら2千万人のひとが観ていることになるのです。

 

そんな巨大メディア(文字通りマスメディア)はテレビ以外には存在しません。

 

私はもっと多チャンネル化も進むのだろうしいわゆるキー曲が(私は地方在住なのでテレビ東京のネット局はないのですが)NHKの地上波が2局、民間地上波が4局と状況です。

 

インターネットもありますしチャンネル数は100どころか1000あっても良いと考えています。

 

テレビもやはり「100万人」というのが一つの単位(もっとも日本は人口減少中なのでずっと100万人が一つの基準であり続けるのかどうかは不明ですが)に落ち着くはずです。

 

そしてそういう状況であればテレビにかかわる人々ももっと踏み込んだ番組が作れるはずです。それはテレビ番組のスタッフにも出演者にも視聴者にも好ましい状況であるはずです。

 

養老孟司さんはNHKのニュースが好きではないそうです。NHKのニュースは「かたよりがない」という前提で作られているからです。

 

「何らかの「偏り(かたより)バイアス」がない報道などそもそも存在しない」と養老先生は考えているからNHKのニュースが好きではないらしいのです。

 

いわゆるマスメディアの重要性は「キーステーションがある」ところにあります。インターネットの重要性は「キーステーションがない」ところにあります。

 

この二つの存在は相互に補いあう存在なのです。

 

たとえば以前に辛坊治郎さんがテレビ番組で発言されていたのですが「自殺報道は基本握っているんです」と。

 

日本での少年犯罪も凶悪犯罪も事実減っています。そういう犯罪が多かったのは日本が戦争のボロ負けした直後の時期です。

 

マスメディアが少年犯罪や凶悪犯罪を取り上げないのもちょっとおかしいのです。そして自殺報道もしないのもある種の見識です。

 

そしてそれはある種の責任者が「これはヤル」「これはヤラナイ」と決められるからです。

 

インターネットはキーステーションががないという特性があるのでそれができないのです。

 

2、テレビの情報と本の情報

 

ある種の事件に関して私はジャーナリストの本を待っています。たとえば女子中学生を本当に誘拐して監禁したヤツがいました。最近では自殺志望者を殺した(のであろう)やつがいました。

 

私の中で触れたくないという気持ちがずっとあったので読んでいなかったのです「オウム真理教」の地下鉄サリン事件にかかわっているひとに村上春樹さんがインタビューした「アンダーグラウンド」とその続編を最近読みました。

 

またあの件も触れたくなかったのですが「酒鬼薔薇聖斗」と件を高山文彦さんを書いた「地獄の季節」を手にいれました。

 

両方アマゾンのリンクを張っておきます。

 

 

アンダーグラウンド (講談社文庫)

アンダーグラウンド (講談社文庫)

 
約束された場所で―underground 2 (文春文庫)

約束された場所で―underground 2 (文春文庫)

 

 

地獄の季節―「酒鬼薔薇聖斗」がいた場所 (新潮文庫)

地獄の季節―「酒鬼薔薇聖斗」がいた場所 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

女子中学生の犯人をテレビで私は見たのですが「結構イケメンなのになんで?」と思ったのを覚えています。

 

自殺志望者を殺した(のであろう)ヤツのことはテレビで観ていないのですが。

 

テレビって「この人好きだな」とか「コイツは嫌いだ」とか「このひとは平静をよそおっているけど怒っている」とか「このひとは嘘をいっている」というようなことが分かるメディアです。

 

だから「良いひと」なら特別な何かなくてもコンスタントに出演されています。

 

その時に私は病院で昼間検診を受けていて病院の待合室で「ミヤネ屋」を観ていたのです。その時に正直私は唖然としたのです。

 

その時に「番組で伝えている情報がゼロだ。この番組は情報番組なのに情報ゼロだ。でも番組として成立している」と思って唖然としたのです。

 

事実「ネタ元」みたいなものがなかったのです。でも情報番組「ミヤネ屋」は普通に成立していたのです。

 

でも私がその時に「考えていた情報」なるものはある事件に関する犯人像であるとかその社会的背景を指示していました。

 

テレビが伝える「情報」は「そのひとのひととなり」であるとか「感情」なのです。

 

その時は私が考えていた「情報」とミヤネ屋が伝えてた「情報」にずれがあったので「この番組は情報ゼロだ」と私は勘違いしてしまったのです。

 

そして2017年におきた自殺志望者を殺した殺したやつとその事件を背景を知るのには本がとても効果的でそういう本は事件からずいぶん経ってから出版されます。

 

その事件をそれなりに調査しようと思うと普通に4,5年かかるからですし。そのくらいの時間が経過してからその事件について勉強したほうが私やあなたも冷静に読めますから。

 

3、テレビ出演者の言動は日常生活の参考にならない

 

私は正直軽蔑していたのですがある種の人気テレビコメンターターや番組出演者は「無意味にとても感情的」です。

 

違うタイプの人たちもいます。自分のコメントを数秒でまとめて「オレやるでしょう」みたいな顔をしている人たちです。

 

昔「朝まで生テレビ」に関して録画しておいて早送りして「あっ大島渚が切れた」というあたりから見るといっていましt。

 

今(2017年)にはコメントを数秒でまとめて「オレやるでしょう」という顔をしているひとよりは「無意味にとても感情的なひとの方が好ましく感じます。

 

テレビ視聴者は『自分の発言を数秒でまとめて「オレやるでしょう」という顔をしているひと』に飽きています。

 

テレビは「テレビ出演者が無意味にとても感情的であること」がとても重要なのです。そしてあなたもそうでしょう。「それはとても冷めてみる」メディアなのです。

 

事実あなたもしているでしょう。テレビを観ながら番組や番組出演者に「バカじゃないの」とツッコンデいること。

 

テレビって「ツッコミながら見るもの」なのです。

 

ということは『テレビ以外の場所でテレビ的な言動を取るとあなたは「あのひとバカじゃない」と内心ツッコまれている」と考えた方がいいです。

 

テレビ番組の中での言動は日常生活の参考になりません。

 

4、テレビの国会中継はやめて私たちは新聞やウェブメディアで読んだ方が良いです

 

衆議院トップページ

参議院

 

国会は「ショー」ではないのです。ですがテレビが入った国会は「ショー」になっています。あんな風になるくらいならテレビの国会中継は辞めた方がいいです。

 

理由は簡単です。「国会は会議であってショーではないから」です。

 

そして文字起こししたものを読むのです。新聞は本会議と重要な委員会については文字起こしして解説をつけるのが筋でしょう。

 

これには別の理由もあります。「読むと時間が取られない」のです。

 

あなたがジャーナリストであれば話は違います。私はジャーナリストではないので国会中継は基本見ません。

 

日本は議会制民主主義を取っています。これは「私たちの代理人に基本政治を任せている状況」です。

 

政治家を代議士と呼ぶのは彼らが私たちの代理人だからです。

 

だからあなたは基本政治家に政治をまかせておいて良いのです。私も含めてみんな自分の仕事で忙しいのです。

 

ただ「罵詈雑言をいう」のではなくて「チェックは必要」です。

 

テレビで国会中継をするとテレビの情報特性上「無意味に感情的になった政治家のショー」にしかならないのです。

 

新聞は本会議と主要な委員会の議事録を国会開催中は文字で載せるべきです。そしてその解説と自社としてはこう思うという考えも載せるのです。

 

衆議院参議院にも議事録があってそれをあなたは読むことができるはずです。

 

国会のインターネット中継を見るのも良いでしょう。でもそれは「この政治家の人柄はどうだろう」ということを知るために観るのです。

 

そういうことでわかるのは政治家の人柄です。それも重要です。

 

でも審議内容は文字で読んだ方が効果的です。

 

5、テレビはなくならないがカタチが変わる

 

まとめでもないのですが一言書いて終えます。

 

「テレビはなくならないがカタチが変わる」

「知らないわからない存在への恐怖」と「立ち居振る舞いがわからない存在への戸惑い」 啓蒙運動

 

EテレのハートネットTVで「マイノリティと笑い」(ここは曖昧なのですが)という番組を放送していたのを私は見ていました。

 

いつものアナウンサーの方はちょっと引いて千原ジュニアさんが司会をされていたのですが、その時に同性カップルには部屋を貸さない大家さんがいるという話題が出ていたのです。

 

その件について私はしくこく考えていたのですが『「知らなない」ということと「どう扱えばいいのかわからない」というが原因だ』と考えるようにました。

 

知らない、わからない存在への恐怖

 

いま(2017年)でいうと北朝鮮です。普通の日本人は北朝鮮が怖いはずです。

 

この「恐怖の理由」があなたにはわかりますか?

 

「知らないから」「わからないから」です。

 

北朝鮮に関するニュース映像で日本で手に入るのはあの国のほぼトップの動画とあの国の怖い女性アナウンサーの動画だけのはずです。

 

結果普通の日本人は北朝鮮について「知らない」し「わからない」のです。

 

あなたの日常生活の中でも一番怖いのは暴力団関係者ではなく「どこがこのひとの地雷なのかがわからないひと」であるはずです。

 

いまの日本人にとっての北朝鮮はそういう存在です。

 

昔オウムの連中のことで日本中が大騒ぎになったことがあります。あの頃に「オウムの信者が警察官の方にも自衛官の方にもいるらしい」と知って私はとても怖いと感じました。

 

でも私はその件に関して何を恐れていたのでしょうか。

 

もう当時オウムは社会問題になっていました。だから警察や自衛隊のオウムの信者がいてそういう人たちが周囲の警察官の方や自衛官の方に布教したとしてもそこまでの広がりがなかったはずです。

 

でも当時の私がオウムに自衛隊や警察が支配されるのではないかと、どうやら思って(考えて感じて)いたようなのです。

 

そんなことはあり得ないのに。

 

あるいは警察官や自衛官の方々はいつもではないのでしょうが拳銃をもっています。当時の私はオウムの信者が唐突に同僚や上司を射殺するのではないかとも思って(考えて感じて)いたようなのです。

 

そんなことはあり得ないのに。

 

いま私が挙げた二つの例で私の発想は飛躍しています。

 

同性カップルの入居を断る大家さんもやっぱり発想が飛躍しているという想像を私はしているのです。

 

たとえば「そういう連中って覚せい剤をやってるんじゃないのかな」という風にです。

 

事実覚せい剤をやっている同性カップルもいるのでしょう。でも同性カップル覚せい剤の間にはほぼ相関関係がないのです。

 

こういうことが私がいう「発想の飛躍」です。

 

接し方、扱い方、立ち居振る舞いがわからないという問題

 

もう一つは「立ち居振る舞いがわからない」という問題です。

 

それがだけが原因ではないのでしょうが日本は国土面積中に森がしめる割合がとても広い国です。

 

それは宗教の一面なのです。

 

たとえば山に登る道に鳥居があったりします。あるいは樹齢数百年の樹にはしめ縄がまいてあります。

 

鳥居があれば「頭を下げようかな」とかしめ縄があれば「柏手を打とうかな」と言う風に立ち居振る舞いが「出てくる」のです。

 

ある車いすに乗っている男性がある言葉をかけられて答え方がわからないといっていました。彼がいっていたのは「大丈夫ですか」と言われて答えがわからないから困るということなのです。

 

彼がいっていたのは「そもそも大丈夫だから街にいるのだし大丈夫じゃなかったらそもそもここにはいない」と思うから答えに困るということです。

 

その番組の司会は千原ジュニアさんでした。ジュニアさんはテレビに出ている有名人です。

 

ジュニアさんと私が世間話をする機会があったら私は「固まる」と思うのです。

 

「このひとはテレビでよく見ているひとだよね。どういう風に接すると良いんだろう」と思って(考えて感じて)「固まる」と思うのです。

 

結論は「普通に接すれば良いだけ」なのですが。

 

ある種のマイノリティと接する時に「このひとにどう接したらいいのだろう」という疑問を持つのは当然です。

 

「接し方がわからなくなる」のです。「立ち居振る舞いがわからない」ともいえます。

 

啓蒙運動の意味

 

こういう問題を私はスッテプバイステップ(一歩ずつ)解決していくのが適切だと考えています。

 

たとえばLGBTの友達や親戚が一人いればそれは「知っている」ということになります。

 

私はそういうことはしたことがないのですが目が不自由な方が人ごみの中にいたとしたらたとえば私はそのひとと左側にたって「私はあなたの左側にいます。もしよかったら私の肩か腕を触ってくれませんか」といいます。

 

男子中学生高校生が遊びで突然友達の背中がパンと叩いたりします。叩かれた方はビックリします。

 

目が見えようと見えまいといきなり自分の体を誰かが触ったら驚くのです。

 

そういう「扱い」であるとか「立ち居振る舞いの方法」がわかるの楽なのです。

 

そういうことを伝えることを「啓蒙運動」と呼ぶのかもしれません。

「看板」よりも「中身contents」でしょう made in Japanの行方

ある通販での広告文が「日本製ですよウチは」みたいなものでした。でもその商品は正直ダメでした。

 

日本製の信頼は先人たちが少しずつ積み上げて来たものです。大昔は「made in Japan」というと「質が悪い」という意味だったのです。

 

それを先人たちが「内容contents」によって変えて来たのです。

 

今でも事実商品が良いだけれども「売り方がなあ」という商品もあります。

 

でもある種の人たちが"made in Japan"を理容して商売をしています。

 

このままではやがて"made in Japan"は質が悪いことのシンボルになってしまいます。

 

私が言いたいのはタイトルの通りです。

 

私は通販でランニングシューズを買うつもりです。私は安くてデザインが良いものをアマゾンで探しているところではあるのですが。

 

たとえばナイキとかアシックスは当然高価ですがその分「信頼」が置けるのです。

 

でも私はあえてまだ無名なメーカーのランニングシューズを買うつもりです。

 

「安くて品ないいのであれば消費者である私は安くて品な良いものを買う」のは当然です。

 

あるルールウェアの注意書きを読んで私は「今ってそういう時代なんだ」と思っています。

 

その注意書きには「この商品は外国製なので普段のサイズよりも2サイズ大きいものを選んでください」と書いてあったのです。

 

そのルームウェアのデザインがよかったのです。

 

"made in Japan"というのは今となってはもはや「看板」です。

 

しかも先人たちがたゆまぬ努力で作った「看板」なのです。それを「食いつぶす」ような商売はやめて欲しいのです。

 

私の予測では10年後には"made in Japan"は粗悪品としての「看板」に成り下がっているはずです。

 

問題は「看板」ではなく「中身contents」なのです。

 

そして同じ日本人の先輩が作り上げた"made in Japan”の看板を食いつぶしている道楽者が多数いるようですから。

 

日本は恥の文化なのです。恥を知りましょうか。

グレー(灰色)な世界の必要性 プロアスリートの世界、芸能界

伊丹十三さんが警察で暴力団対策をやっている女性を主人公にした映画を撮りました。その映画の出来栄えに関してではなくこの映画の考え方について当時いろいろな考えがあったのですがその時に私の考えも不明確なままでした。

 

その後(ああいうことにはなったのですが)プロ野球の選手かプロ野球の世界にはいろうとしているひとが性犯罪を犯す事件があった時に清原さんが「そういうヤツこそプロ野球の世界にいれるべきなんだ」と発言されていたのです。その時にもまだ私の考えは不明確でした。

 

ただ木村太郎さんが芸能界は犯罪者にたいしてあまりにも甘いという趣旨の発言をされているのをよんでやっと考えがまとまりました。

 

暴力団という存在はマフィアとはおそらく違うのです。チンピラと呼ばれる人たちには無知なひとがいます。そういう理由で「あのひとはいい年をしてチンピラをやっている」と悪口を言われるのです。

 

でも暴力団である程度以上の立場の人たちは「法律」にとても詳しいのです。たとえば「この言葉を言ったら恐喝にあたる」とか「この映像が残っていたら自分は逮捕される」であるとかです。

 

私はサービス業をやってきて何回か店員を土下座させるという事件がありましたがあの事件の前に同じくサービス業をやっている友人と話をしていたのです。

 

彼が「怖いひとが店内で大声を出して怒鳴り始めたらどうする」と聞いたので私は「その場で土下座するよ。裏にまわったらダメだし。その場でオレが土下座しえているということはオレがほぼ恐喝を受けているということだからわかっているひとなら逃げちゃうから」と答えたのです。

 

店員を土下座させることがどういう罪に当たるのかは不明ですが理由はともかくそういうことを客がさせればその客は法的処分を受ける可能性が大です。

 

だからそういうことが分かっているひとであれば逃げるのです。でもそういう事件が何回かあったということをそういう知識がない人たちがそうとういるということなのでしょう。

 

(この主語は本来使ってはいけないのですが)人間だれもがどこかに「自分でもよくわからない暗がりのようなもの」をもっています。それはおそらく誰もがそうです。

 

そういう「暗がりを持っている」からといってそういう「暗がりに基づいた行動」をすると法に触れる場合があります。

 

昔つきあいがあった男性が彼はいわゆる性風俗でチカンプレイをしてみたいといっていたのです。

 

性風俗の問題も私にはなんともいえない世界です。

 

ただいわゆるAVが普及して性犯罪が減ったという話は聞いています。

 

たとえばAVにレイプ物といわれる暗い世界があるのですが実際に女性をレイプするのは当然犯罪です。しかしレイプ物のAVを観るのは犯罪ではないという意味で性風俗も(売春は本来違法なのですが)AVもグレー(灰色)の世界だということは可能です。

 

誰もが「暗がり」を抱えているとするならばその「暗がり」とともに生活する必要があります。

 

自分がもっている「暗がり」をある世界の人たちが実際にやってくれると世間一般の人たちはそういう報道に触れることで自分が持っている「暗がり」と折り合いをつけることができるはずです。

 

そういう世界の人たち全員がそうではないのですが「プロアスリートの世界」や「芸能界」のひとたちがするある種破天荒なことに接して世間一般のひとたちが自分が抱え込んでいる「暗がり」とうまく折り合いをつけることができるという意味でプロアスリートや芸能人のある種のスキャンダルは社会の安定に寄与していると私には思える(考えられる感じられる)のです。

 

私は基本テレビを観ませんし芸能人のスキャンダル情報にも疎いのですが。

 

私の場合は小説でひどく残虐な話も読んでいます。たとえばスティーブンキングの小説であるとかドストエフスキーであるとか。

 

私の場合はそういう小説を読むことで「自分の暗がり」と折り合いをつけているのでしょう。

 

誰もが「暗がり」のようなものを抱えていてそれを折り合いをつけながら生活をする必要があるとするとある種の違法行為や不道徳な行為に私たちは定期的に接する必要が

あります。

 

今の日本で多くそれを引き受けているのは芸能人とプロ野球選手のようなプロアスリートなのだと私は考えているのです。だから芸能界やプロアスリートの世界が犯罪にあまいことは事実そうだとしてもそういうことは日本社会全体の安定に寄与していると考えざるを得ません。

 

そういう構造がある以上芸能人の犯罪に芸能界があまいのは日本社会全体の安定を考えてみると必要なことだといわざるを得ないのです。