読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

熊楠わかるわー

熊楠分かるわー
南方熊楠は大学者です。
戦前から戦時中、戦後も活躍したのかな?
なんか廃仏棄釈とかに反対してお寺とか神社の森を守ったり、
菌の研究をしたひとなのですが。
なんか分かる気がします。
北朝鮮があるでしょ。
あの国って大日本帝国になんか似てると僕はずっと感じています。
マスゲームの美しさってあるでしょ。
みんなが同じ動きをするのって1つの美だと思うんですよ。
あれは確実に1つの美です。
でもそうじゃない美もあって、
そういうのって、たぶん若いカタでもジブリは好きでしょ。
(イタリア後読みだとギブリらしいのですが)
ナウシカがあるでしょ。
ナウシカ腐海ってあるでしょ。
腐った海で腐海ですよね。
でもあの世界ってなんか美しいでしょ。
あれもチガウ美でしょ。
熊楠が菌の研究をしたのって
そういう美でマスゲームみたいなものの美を相対化したかったって
僕は考えているんですよ。
マスゲームだって美しいですよ。
それを否定するのはチガウと思います。
熊楠みたいにチガウ美を研究するのって
とても普通で
当時としては、そうとう異端です。
熊楠に関しては中沢新一さんがわかりやく書いているはずなので、
そういう本でも読んでみてください。