読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

「発言」より「発言教唆」の罪が重いはずですが

今出先なのですがお昼の情報番組をやっています。私はこの内容に疑問を持っています。養老先生はNHKのニュースに批判的です。NHKは「中立公正」をうたっているからです。ある種の偏りがない報道などそもそも存在しえないからです。

 

今なんとなく流れている情報番組にも当然偏りはあります。偏りは別に構わないのです。ただ内容が薄いとしか私には思えません。「コメント」をするひとがいます。中村うさぎさんがテレビをコメンテーターを辞めました。理由はいろいろあるのでしょうが、ある領域に対する知識がないままにコメントをすることにいらだちがあったということも原因の一つだと考えています。

 

昔「イカスバンド天国」という番組がありました。当時は雑誌文化が存在し、ある雑誌に大学生にイカ天の審査員の悪口を言われる企画でした。そこでの大学生の発言は当時の私から見ても「的外れ」なものだったのです。簡単な理由です。彼らには知識ななかったのです。

 

あるはユーチューブでみたのですが外国人の方に言いたい放題言わせる企画があったようです。そこでの発言が「基本的人権に抵触するレベル」でした。BPOは何のためにあるのだろうと私は思い不愉快でした。

 

私もオヤジなので分かるのですがオヤジは責任を取るのがキライです。

 

曽野綾子さんのアパルトヘイト発言がありました。こんな罪はないのですが、あれを「発言罪」だとします。発言罪なるものがあるとすれば「発言教唆罪」がありえます。

 

ある犯罪を犯したひとよりも、その発言を「教唆」した人の罪が重いというのは刑法上のある種の共通了解です。

 

曽野さんの発言も問題だなとは思いました。しかしあの発言後も曽野さんは相変わらずの発言を続けておいでです。

 

私は確信しているのですがオヤジ連中が気がついたのです。「曽野綾子に好きな事をか書かせても悪く言われるのはオレたちじゃなくて曽野綾子だ」と。

 

ということは「確信犯」です。曽野さんの蔭に隠れているオヤジ連中は「確信犯」で「発言教唆」を続けています。

 

刑法上の考えに基づけば曽野さんよりも曽野さんに好きなことを書かせているオヤジ連中の罪の方が重いのです。

 

曽野さんに隠れている皆さんはそういうことが分かっていますか。刑法とかが日本にはあるのですよ。雑誌社にもテレビ局にもいくらでもそういうひとがいるようです。

 

あなたがたの卑怯さズルサは目に余るものです。プライドなど大昔に捨てた皆さんなのでしょうが私は深く軽蔑させていただきます。