読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

働けばいいとも言えない時代なのですが バッターボックスに入る

もう10年以上前かな。あるところで小遣い稼ぎをしていました。他にも仕事があったのですがちょっとお金が足りなかったのです。

 

そこの店長がしょっちゅう説教をする人でした。当時パワーハラスメントという言葉はなかったのですが、その人の説教の内容が当時どう考えても法律に触れるレベルだったのです。サービス残業もしていました。仕事内容が多すぎ業務時間内に終わらないのです。残業をつけるとイヤがられるのでタイムカードを押して働くしかありませんでした。イヤだからやめるのですが辞めるときにも罵詈雑言を浴びました。

 

余計なことなのですが常連さんが「あなたたちがいるときしか私たち来ないの。あの人イヤでしょ」と言われて「ああいう人なんですよ」と受け流してもいたんです。

 

ああいうのを若い人がされるとそうとうツライと思います。私は良い年でしたから無事に辞めましたが。

 

そういう事もあるので単純に働けばいいとも言えないです。

 

でも職安を通して働けばそういうことは基本ないはずです。職業安定所にはそれなりの機能があるはずだからです。その10年前の仕事は職安経由ではありませんでしたし。

 

別のところでも私は正社員ではなく働いていただけなのに辞める時が大変でした。普通に退職願を出すだけのことなのですが辞めづらかったのです。別に正社員でもなんですが辞めずらいのです。辞める時にも「二人で話し合ってやめるんじゃないですか」とすごく迷惑そうにいわれました。本当に二人で「お互いここやめたほうが良いですよ」と話しあってやめているのです。二人が負担が重くて二人とも疲れ果てていたのです。

 

そういうこともあります。

 

でも職業安定所はやっぱり良いんです。

 

あそこで仕事を見つけて何らかのトラブルが発生した場合職安が間に入ってくれます。

 

だから思うのですが、職安に行くことができればそれなりの仕事はあると思うのです。

 

良い答えってたいていシンプルなんです。

 

普通に働くことが答えの場合も多々あるのです。

 

それがうすうすわかりながら「でも」と思っているケースが結構あるのです

 

ある話を聞いて「そうだろうな」と思ったことがあります。

 

これはたとえです。野球のたとえなのですが、バッターボックスにはいることが優先順位一位だという話なのです。

 

結果三振だろうが、ヒットだろうが、ホームランだろうが、そういうことは問題ではないという話です。

 

バッターボックスに入れば当然緊張します。でも結果三振だろうが、ヒットだろうが、ホームランだろうが、それはバッターボックスにはいればコソなのです。

 

バッターボックスにはいらないと結果は何もでません。

 

本当にイヤな職場や問題のある上司は死ぬほどいます。でもバッターボックスに入らないと何もできないです。結果三振でもまったく構わないと思うんです。バッターボックスに入ることが一番重要なのです。