読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

あの時に私はどんな風に見えてたんでしょうか

くわしくは書きませんが、無茶をしたことがあります。

 

なんか歩いていたのです。

 

歩くのに疲れて、ある場所で休んでいました。

 

疲れていたし。

 

その時ですよ。

 

普通そんなことをするひとはいないと思うのですが、声をかけられました。

 

日本語ができる外国人のかたが「ダイジョウブ」といってくれたし。

 

若い女性が「大丈夫ですか」と言って「私が大丈夫です」というとしばらく迷ってスポーツ飲料を私に手渡して「飲んでください」というのです。

 

私は飲んだのですが。

 

そんなことは普通しないものですよ。

 

でも、そういう風にしてもらったし。

 

あの時の私はいったいどういう風に見えていたんでしょうか。