読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

お役人からΓ誉められるシステム」をつくりましょう  貴族院

貴族院は言い生まれのひとか、ある種のびとたちだけで構成された議会です。

 

今の参議院です。

 

ある種のひとの中に多額納税者がいたんです。

 

お役人は誉めないでしょ。

 

生活保護から脱出する前に、慣らし運転の時期がありました。

 

Γ世界保護を受けながら働く時期」です。

 

基本カネにはなりません。

 

生活保護費が10万で、プラス働いて5万稼いだら15万になるから、それはオカシイから働いた分は基本減額が当然でしょ。

 

そこは割りきって働く訳です。

 

慣らし運転だから。

 

担当が代わって新人の女性がついたのですが。

 

彼女からあまりに当たり前のことをいわれて萎えました。

 

そのお金も、あのお金も収入あたるので申告して下さいといわれたのです。

 

そんなことは百も承知で、当時働いているでしょ、慣らし運転だから。

 

なんかΓお役人には誉める」感覚がありません。

 

別に貴族院を復活させなくても良いんです。

 

お役人に国民をΓ感覚」を持ってもらうためにはシステムが必要だとういうことです。

 

一部いますが。

 

いらっしゃいますが。

 

少ないでしょ、誉めるお役人って。