読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

「タダ(無料)」は基本ないので勘弁してください

ある職場に私は出入りいて今日もそこに行きます。

 

そこに植木市で無料だったらしいのでうが、花の苗と木の苗をもらって帰ってきたひとたちがいました。

 

「誰が植え付けをするのでしょうか」。

 

私とその職場にいる友人の二人です。

 

私は「出入りの植木屋さんです」と言って植え付けをしました。

 

友人に指示をだしながらするのです。

 

彼だって植木屋さんではありません。

 

お互い「仕事が増えるよね」と思いながらだまってしました。

 

おまえに「木の苗」には問題はありました。

 

私は「ちょっとこの木の苗に悪いのだけれども適切な植え付けをする土とかないし、もしうまく育ってくれても、木は大きくなるだけだよね。ここ地面がアスファルトだし、どうすればいいだろう」と思ったのす。

 

その木の苗には悪いことをしたのですが、いい土もないし、枯らしてしました。

 

ただ申し訳なかったのですが、正直安心もしました。

 

その木が大きくなったときのその木が育つだけの場所はないわけですから。

 

近所の公園に勝ってに植え替えるのもいろいろ問題があるじゃないですか。

 

たしかに「無料」だったのでしょう。

 

でも私と私の友人は、「働いています」。

 

「人件費」がそこでは発生しているでしょう。

 

私は当然ただ働きです。

 

もちろん気がつくひとが何気なくコーヒー豆を渡せしてはくれましたし、「ありがとう」とも言ってくれたので納得はしてはいます。

 

でもね、「タダ(無料)は世の中には基本ないので、勘弁してください」。

 

お子さんだったらいいですよ。

 

大人がそういうことをするのは違うでしょ。

 

そうですよね。