読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

ググレカスはひどい言葉ですよ けど

そのひとが今なにをしているのか知りませんがローカル局ラジオパーソナリティをしていた女性が「聞けばいいと思っている」と言って怒っていました。

 

まあ「確かにその通りなんだけれども、それをいうのはねえ」と私は思っていました。

 

ググレカスというのは「検索すればわかるだろうバカ」という意味です。

 

ひどい言葉です。

 

そうですよ。

 

だけれども実は私はしょっちゅうそう思っています。

 

普通は違います。

 

「ここで検索すればわかるんだけれども自力でなんとかしよう」というものです。

 

「ここで検索するのは違うか」とか、そういうものですよ。

 

だけど、申し訳ないのですが、ひとが必死で調べていてご本人はぼーっとしていたり、文句を言っていたりする場面が多々あります。

 

性別は関係ないみたいですね。

 

年齢は関係あると思います。

 

若い人でスマホ中毒ですよねというひともいますし、あなたが検索した結果を一々教えようとするのがホントに迷惑でしかないし、それやめてと思う場面もありますから。

 

だけれども、そのひとが手にスマートフォンをもっていて、私に調べろみたいに文句をいっている場面があります。

 

私は「あなたはスマートフォンを持ってるでしょ。それで検索かけてください」と内心思っていますが、それを言うのは違うかなと思って、黙って文句をいわれているんですが。

 

そういう場面があなたにもありますよね。

 

女性でそういうひとがいて、そのひとが何を考えているのか私にはさっぱりわからないのですが。

 

彼女は普通に言ってたなあ。

 

「なんとかさんに教えてもらったの」とか。

 

彼女には言っていません。

 

だけれども「あなたは何のためにスマートフォンをもっているんですか」と思っていました。

 

「なんとかさんに教えてもらったのとかあなたは言っていますが、それは自分で検索すればすぐわかることでしょ。それを男にわざわざ調べさて、そういうことで男が喜ぶとでも思っているんですか。あなた何時代のひとなんですか」とか。

 

一言でいえば「ウザイ」でしょ。

 

性別関係なく、そういうひとが多数います。

 

私が必死で調べていて、ご本人はぼーっとしているとか、文句をいうとか。

 

普通にあります。

 

繰り返しになりますが、逆もありますよ。

 

「あなたが検索した結果を一々教えようとするのが死ぬほど迷惑です。一言でいえば死ぬほどウザイです。ぜひともやめてください」と思う場面もあるんです。

 

「検索」は普通ですよ。

 

だけれども、私にすればです。

 

「それ違いますが」と思う場面が多々あるのです。