読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

「神戸」は謎のまち

関西のなかで京都は千年の古都で、なんかありますよね。

 

大阪は浪花商人のまちではあるのですが、「門前町」でしょ。

 

浄土真宗の。

 

奈良は京都以前の「みやこ」ですし、滋賀は今は「郊外」みたいな意味があるし、和歌山は森もあれば海もあるようなところですよね。

 

兵庫県に友達がいるのですが、彼は岡山の専門学校に行っています。

 

変わったひとですが。

 

「関西なのになんで岡山」とか私は思います。

 

手塚治虫さんは「宝塚市」ですね。

 

宝塚歌劇団」を観たことと「リボンの騎士」は関係しているのでしょう。

 

「神戸」が私には謎のまちですね。

 

ずっと「神戸」にいる方には正直言って、そこまで興味がありません。

 

ただ「神戸」からどこかに行ったひとや、どこかから来て「神戸」にいついたひとに私は惹かれます。

 

また出るのですが、渋谷陽一さんが神戸から東京に行ってるはずで、渋谷さんが「東京人はわからない」というから私も「東京のひとはわからないんだ」と思います。

 

彼と出会ってドサンコへの偏見が生まれたのですが、ドサンコってこうよねみたいな。

 

大学時代の友人なのですが、SNSによれば産まれは神戸だということです。

 

私は誌友ですが、生長の家の創始者のかたも「神戸」ですね。

 

内田樹先生が東京人なのに神戸女学院で教鞭をとり、ご自身の合気道道場も神戸ですね。

 

一時代時代つくった浅野ゆう子さんも神戸ですね。

 

結論は当然ありません。

 

「神戸ってなんかありますよね」。