読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

箭内道彦さん 「風とロック」ですよね

箭内道彦(やないみちひこ)さんは元博報堂のかたで、コピーライターと言っていいのでしょうか。

 

いろいろな仕事をされています。

 

「ロックなひと」(ロックを身をもって表しているひと)です。

 

箭内道彦さんのロックぶりについていくのが私としては、それなりの苦労があるとだけ言っておきます。

 

そこは良いのです。

 

私は早起きだから。

 

箭内道彦さんが早朝だか、深夜だかわからない時間帯にラジオをやっています。

 

それを聴くのは、私には問題がないから、いいです。

 

風とロック」という謎の番組タイトルなのですが。

 

箭内道彦さんのロックさ加減はその程度ではありません。

 

風とロック」というフリーマガジンを一冊出すのに何百万を赤字を出しながら続けています。

 

「ロック」でしょ。

 

問題は「風とロック」がフリー(無料の)マガジン(雑誌)だというところにあります。

 

流通が難しいでしょ。

 

大手のCDショップで配布しているのですが、そのCDショップが熊本にはもうありません。

 

結果「風とロック」を手にいれようと思うと福岡に行く必要があるのです。

 

関東とか関西のかたにはわからないと思うのですが、九州は田舎なので、隣の県に行こうと思うとお金も時間もかかるのです。

 

だから私が「風とロック」を手にいれようと思うと何千円もかかっていまうのです。

 

しかもフリーマガジンでしょ。

 

「配布が終わっている」場合もあるのです。

 

私はロックではないので、箭内道彦さんのロックスピリッツにお付き合いすると、とても疲れるのですよ。

 

提案して良いですか。

 

風とロック」を普通の雑誌にして、普通に流通させてもらえないでしょうか。