読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

「カジノ法案」が私は不安です。

私は日本にカジノがあっても良いと考えています。

 

インテグレ―ティッド・リゾートなんでしょう。

 

良いんじゃないんですか。

 

国がやれば、そこで働いてひとは「公務員」になるのだろうし、雇用の促進にもなるし。

 

良いんじゃないですか。

 

ただ宝クジをやっていますよね。

 

ロト6も。

 

ああいう感覚があるでしょ。

 

あの感覚で「カジノ」をやってもらうと私は不安です。

 

良いんですよ、宝クジもロト6も。

 

けど、あれってギャンブルですよね。

 

それも良いんですよ。

 

ただ宝クジにしてもロト6にしても、国民はボロ負けしているというか、そういうシステムですよね。

 

国が胴元ですよね。

 

国はぼろもうけしていますよ。

 

私はギャンブルはしないし、そもそも興味がないのですが。

 

あんなあくどい胴元はいないと思います。

 

とかね、余計な話なのですが、私はタバコを吸うのですよ。

 

酒は基本飲みませんが。

 

酒やタバコの値段が上がるでしょ。

 

酒やタバコの料金のウチで「税金」が占める割合はとても高いでしょ。

 

国や地方自治体には「お金がないし、必要」なのでしょう。

 

それもわかります。

 

ただお金がないからって、私も含めて誰も文句を言わないからって、そんなに簡単に「酒税」や「タバコ税」を上げていいものなのでしょうか。

 

私は疑問です。

 

そういう「感覚」がありますよね。

 

そういう「感覚」でカジノをやるのは私から見れば「不安」でしかありえないのです。

 

下手をすると「国際問題」になるのではないでしょうか。

 

そういうことがあなたにはわかりますよね。