読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

視聴率競争はごもっともですが

視聴率競争はごもっともです。

 

テレビの話ですよ。

 

それはごもっともです。

 

「良い企画」であろうとも、「良い内容」であろうとも、「視聴率が取れない番組は打ち切り」になりますし。

 

これは前にも書いたのですが、「生物」にとっても、「組織」にとっても一番大事なことは「存続」です。

 

「繁栄」は「存続」していることが大前提です。

 

ですから「視聴率競争はその番組を存続させるためにある」と考えるのが筋です。

 

「もっと視聴率を稼ぎたい」であるとか、「ライバル番組に勝ちたい」とであるとか思うのは当然です。

 

しかし、それはワナです。

 

前にも書きましたが、ジブリ鈴木敏夫さんは雑誌の編集長時代に「部数を減らす」ということで「雑誌の存続に成功させた」のです。

 

「もっと視聴率が欲しい」と思うのは普通ですが、ワナです。

 

スポンサーにとっては違いますよ。

 

しかし番組出演者やスタッフにとっては「番組を存続させること」が一番重要です。

 

その番組をつぶしたいのなら話は別です。

 

「番組を存続させるために視聴率競争をしている」という事実をわきまえましょう。