読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

「すべての家は壊れかけ」吉本隆明とテレビ

ウチは壊れた家だったので、テレビの役割がよくわかっていませんでした。

 

吉本隆明さんはある種の認識であり、励ましようなものに、

 

「君の家は大丈夫だよ」

 

というものがあります。

 

理由があるのです。

 

それは「すべての家は壊れかけ」だからなのです。

 

ウチは壊れていましたが。

 

ただあるときに入院生活を送り、その時に「テレビって役にたつんだ」と思いました。

 

入院患者同士はたいして仲がいいわけではありません。

 

特別仲が悪いわけでもないのですが。

 

食堂にテレビがおいてあり、そこにいるときの人間関係がどこかギクシャクしています。

 

普通のことです。

 

その時にテレビがあると、テレビに向かってつっこんだり、テレビ出演者の悪口をいったり、クイズ番組の答えをいったりすることで場がとてもなごむのです。

 

「お茶の間」というと一家団欒で楽しいように私は勘違いをしていました。

 

しかしけっこうギクシャクしているもののようです。

 

そういう場所にテレビがあると、今書いた通りなので繰り返しませんが、場がなごむのです。

 

あなたの家は壊れかえですか。

 

大丈夫です。

 

「すべての家は壊れかけ」ですから。

 

テレビをつけて場をなごませてください。