読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

何故今年2016年はオタク終了の年なのか。

ともに私は観ていないのですが、今年は映画「君の名は」と「シン・ゴジラ」がヒットした年です。

 

「君の名は」で私もオタクは終わったと感じもしたし、考えてもいます。

 

「君の名は」はいい作品のようなのですが、問題はそれがアニメであったという点です。

 

たとえば「君の名は」をオシャレな女性が観てもなんの不思議はないはずです。

 

そのことがオタクを終わらせれているのです。

 

オタクはオシャレであるとか、意味があるとか、価値があるとかいう存在からどこか逃避している存在であるからです。

 

世代論には基本的に意味はないです。

 

というより、ある時期の日本では、その時々の若者にキャッチコピーのようなもんをつける習慣があったことが今から考えると奇妙です。

 

すくなくとも戦後(敗戦後)はずっと続いていました。

 

私の素養のなかで重要な存在の小林信彦さんのコラムによれば、もう他界された喜劇の大御所・森繁久彌さんが売れっ子になるころに、それ以前の喜劇のひとびとから

 

「あんなアプレが出てきたら、もうオレたちはダメだ」という声があったという話です。

 

アプレとはフランス語でアプレゲールのなのですが、ここでは戦後派という意味です。

 

そのあとはずっとそういうキャッチコピーのようなもんをつけるのが普通でした。

 

日本が戦争にぼろ負けして、「負け」を認めたのが1945年です。

 

「負け」を認めたという表現はおかしいと思われるのですが。

 

戦争行為はどちらかが「負け」を認めないと終わらないものなのです。

 

日本は負けていたのですが、「負け」をなかなか認められなかったのです。

 

実際「終戦記念日」という名称がおかしいし、「国際連合」という日本語訳もおかしいのですが。

 

これは苦肉の策です。

 

「日本が戦争に(おもに)アメリカに負けた」と思ってしまうと、

 

「それではアメリカに復讐しよう」と思ってしまうからです。

 

国際連合はunited nationsなのですが、これは戦争中は「連合国」と日本語に翻訳していました。

 

日本は「枢軸国」側でしたから、日本人にとって「連合国」は敵でしかありえないから、苦肉の日本語訳です。

 

連合国」のままだと、

 

「俺たちはあいつらに痛い目にあわされたのだから、そのうち・・・」と思ってしまうからです。

 

私はてっきり旧日本軍は弱かったとばかり思っていたのですが、

 

違っていたらしいのです。

 

おそらく戦前、戦中、戦後までいた政治家の方の回顧録によると、

 

「旧日本軍は実は強く、あいつらがまとまるとGHQは問題ではなかった」

 

と書いていました。

 

ですから天皇陛下の存在がどうしても必要だったというのです。

 

つまり日本が内乱状態に陥るギリギリの線を踏みとどまったのだということなのです。

 

歴史にifはないのですが、内乱状態と東西冷戦が重なると日本は分断国家になっていたのですから。

 

東は旧ソ連側の国、西はアメリカ側の国の分断国家になっていたからです。

 

オタクごときの話に国際状況を入れるのはおかしいのですが。

 

すくなくとも日本が戦争にぼろ負けしていこうはずっと「流行」があったのです。

 

それは「今年の夏はカリプソ」とかいうことです。

 

思想でも、映画でも、演劇でも、そうです。

 

日本は海外の文物を輸入するカタチで流行を作っていました。

 

ですから奇妙なことあります。

 

たとえばロックをやっているひとが、日本の先輩ロッカーの評価が出来ないようなことが普通にあったし、あるのです。

 

それは先輩ロッカーは、たとえばビートルズの影響を受けています。

 

しかし彼はクラフトワークが好きなので、日本の先輩ミュージシャンよりも、やはりクラフトワークが好きな海外のミュージシャンに親近感を感じるし、実際しらないこともありうるからです。

 

場合によっては「否定する対象」なのかもしれません。

 

おそらく大なり小なり、そういうことは世界中にあって、「プレスリーが好きなグループ」や「ビートルズが好きなグループ」や「パンクだというひと」である種の国を超えたグループがあるはずです。

 

今の若いひとが、「いまはみんなで歌える歌がない」というのはある種当然のことでもあります。

 

同世代だから、同じ歌を知っているとは言えないからです。

 

「流行」は基本、海外から来ます。

 

日本はそれを受け入れるカタチで「流行が発生していた」と了解してください。

 

その状況で「日本発の流行なるものは存在しえない」とも了解してください。

 

この状況を説明すると若い人は

 

「じゃあ日本人は何をしていたんですか」

 

と当然疑問に思うはずです。

 

説明が難しいのですが、その国、その地域の違いはもちろんあります。

 

しかし日本はその違い以上に貧しくもあり、国際的な文化、文明の力で負けている状況なのです。

 

ですから海外から「輸入をする必要」があったのです。

 

「輸入」と「輸入したものの解釈や、それをうまく日本になじませるだけ」でも異常にエネルギーが必要な時期だったのです。

 

若いひとであれば、マクドナルドの存在に違和感を感じるひとはいないはずです。

 

しかしマクドナルドがまったくなくあなたがハンバーガーをまったく知らない状況を想定してみてください。

 

その状況ではハンバーガーの食べかたにさえ苦労しませんか。

 

もちろん普通に食べるだけのことです。

 

しかしハンバーガーをまったく知らないと想定してみてください。

 

あなたはハンバーガーをまったく知らない状態です。

 

トレーにハンバーガーとコーラとフライドポテトが乗っている状況です。

 

もちろんフライドポテトがなんなのかもあなたは知らないのです。

 

一言でいえば変なわけです。

 

まだ知らないのですから。

 

それを普通に食べるのにとまどいが生じます。

 

そういうとまどいが田舎くさいとどこか感じている状況です。

 

あきらかになにもかもに戸惑うのだが、戸惑うことがどこかみっともないと感じているということです。

 

それが生活・文化・政治・経済のすべての領域で行われている状況だったのです。

 

ですから「輸入」と「輸入したものの解釈や、それをうまく日本になじませるだけ」とは書きましたが、それが異常にエネルギーを必要とする作業だったと了解していただけたでしょうか。

 

ある世代以上のひとは「マクドナルドでハンバーガーを注文することに緊張した経験」が実はあります。

 

「流行はどうしても必要なもの」だったのです。

 

日本中でマクドナルドであるとか、フライドチキンであるとか、(ありえないと思われるでしょうが)スーパーマーケットであるとかに一々なじむ必要があったのです。

 

取り入れる必要性もありますし、なじめないものになじんでいく時期でした。

 

ですから、その作業にはおそろしくエネルギーが必要だったのです。

 

ある時期に「流行」は終わりました。

 

それは日本の社会・文化・経済・政治が国際社会に「なじんだ」という説明がわかりやすいかもしれません。

 

ですからその状況で「流行に日本発はありない」のです。

 

今のほうが普通です。

 

たとえばスターバックスコーヒーが入ってきても、戸惑わない状況になったということじたいが日本の状況にあきらかに変化が起きたととらえるとわかりやすいと思います。

 

キャッチアップの時期がおかしかったともいえますし。

 

映画の世界でアメリカでは今年これがはやり、日本ではこれがはやり、韓国ではこれがはやるとういこと時代が、もちろんそれは普通です、しかし存在しえない状況が続いたのです。

 

ビートルズに世界中の若者が熱狂する(実際はビートルズエイジといってもビートルズが好きなひとはごく一部だったと渋谷陽一さんが書いていますが)という状況は、今とはまったく違いますよね。

 

流行が終わったとか世代ごとにキャッチコピーをつけるのが終わったというのはリンクしているのです。

 

やっとオタクなのですが、オタクはどこか現実逃避でした。

 

意味や価値を否定すると、それは「反」になるのです。

 

「反」でいいではないかとも思うでしょうが。

 

これは橋本治さんの話を引用です。

 

江戸時代の演劇の中心は歌舞伎です。

 

今の日本人には歌舞伎を観て、内容をすぐに理解する力は普通ないのですが(これは私見です)。

 

歌舞伎とハリウッド映画をつなぐためには、いったん歌舞伎を否定する必要があります。

 

近代演劇は例えば「新劇」ですし、「新派」ですし、「新」がつきます。

 

歌舞伎はこの場合でいえば「旧劇」です。

 

その状況では歌舞伎と新劇しかないと考えてください。

 

ほかのチョイスがないのです。

 

あたらしくつくるしかないですし、次は「新劇」を否定するカタチでしか、そして海外のなにかをとりいえないと新しいなに科を作ることはほぼ不可能なのです。

 

当然「新劇」も否定する動きがでます。

 

否定して出てきたなにをまた否定するでしか先に進めないのです。

 

否定が「反」だということです。

 

それは死ぬほどしてきたから、「反」ではダメだったのです。

 

あえていえば「無」である必要性があってのオタクだったのです。

 

アニメとかアイドルとか(昔は力がなかったので)パソコンとかには、意味や価値が薄いのです。

 

これがたとえば「野球」なら違うのです。

 

価値や意味があるからです。

 

オタク現象は実は価値や意味からの逃避という役割を果たしていたということです。

 

そして今年、本来かっこたるものだった価値や意味が本当になくなった、そして、意味がなかったはずのものが、あるいは価値などカケラもなかったはずのものに、意味や価値が発生したからオタク終了です。

 

ある時期に私はフラットな地平が開けたと感じました。

 

安部首相と、エヴェンゲリオンと、ロックン・ロールが同一平面上いるような世界です。

 

もともといます。

 

しかし、長くそうではなかったのです。(この説明はほかのひとにゆだめます)

 

本来フラット(同一平面上)で起きている現象です。

 

ですから、同じ感覚で政治とアニメとロックを語ることは本来あってもしかるべきだったのですが、そういうわけにはいなかったのです。

 

そういう状況が発生したということは、非常に支配的ななにかが「ある」という状況ではもはやないということになり、価値や意味に偏りがなくなるのです。

 

安部さんが、スーパーマリオに扮するなど、許せれない状況が存在していたということですし、首相安部晋三スーパーマリオに扮することにも実は重大な意味があったのです。

 

変な言い方をすれば、それは意味や価値も「民主化」です。

 

大衆化ともいえます。

 

情報化ともいえるのかもしれません。

 

意味や価値にかたよりがある状況が終わったのが今年です。

 

別に最初から同一平明上の出来事だったのですが。

 

認識や了解や価値や意味の上では、そうではなかったある時代から、ある時代へと移り変わる年だったという意味とおいて、オタク終了は非常に重要な意味をもたざるを得ないのです。

 

2016年に無事オタクは終了しました。