読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

橋下徹さんて間違っていたんですが

橋下さんは大阪府知事をやって大阪市長もやって、すごいひとです。

 

でも橋下さんの「オオヤケ」に対する考えは間違っていました。

 

ものすごく簡単です。

 

間違いです。

 

「オオヤケは赤字だ。ただ無暗に赤字を垂れ流している場合ではないので、赤字を最小にとどめる」

 

これがオオヤケの収支に関する基本概念です。

 

当然でしょ。

 

黒字になるなら、民間がやれば良いでしょ。

 

民間では無理だからオオヤケがやるんですよ。

 

「そんなことはない!」

 

という声が聞こえてきます。

 

では黒字の警察署ってありますか?

 

黒字の消防署ってありますか?

 

作ろうと思えば作れますよ。

 

簡単です。

 

「お金持ちが犯罪にあった。なら出動だ。何故ならお金持ちはお金をはらってくれるから」

 

「お金持ちも家が火事が。なら出動だ。何故ならお金持ちはお金をはらってくれるから」

 

こうすれば黒字の警察署、黒字の消防署ができます。

 

簡単でしょ。

 

でもそれは民間の警備会社とかがやることでオオヤケの仕事ではありません。

 

他にも「道路」がありますよね。

 

高速を除いて無料でしょ。

 

あれは「黒字」ですか。

 

「赤字」でしょ。

 

オオヤケって赤字が基本です。

 

ただ無暗に赤字をたれながしている場合ではないので、赤字を最小にとどめる。

 

基本概念です。

 

橋下さんも橋下さんを応援していたひとも、批判していたひとも

 

「基本概念」

 

がわかっていませんでした。

 

僕ははらわたがにえくりかえっています。

 

もし世の中に罪があるとするならば、それは「おろかさ」だと僕が考えているならなのだと思います。

 

この件について僕は最高にイライラしていたのですが。

 

申し訳ないんですが、みなさんってバカですか?