読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

女の悪口①

ぼやかして書きますが、ある時に僕の上司ではないのですが、

僕より上のポジションで

でも僕よりはるかに若い女性にダメだしをしました。

 

彼女は調理実習の責任者だったのですが、

「失敗」でした。

 

その調理実習ではソフトケーキを作るはずだったのですが、

出来上がったのはクッキーでした。

カントリーマームです。

 

原因は簡単です。

小麦粉の量が足りなかった。

それだけです。

 

その件について僕は彼女にダメだしをしました。

ものすごく基本的なところからです。

 

比重っていうでしょ。

あの基本って水なんです。

水が1ミリリットルで1グラムです。

水が1リットルなら1キロです。

水が基本です。

 

彼女はレシピ通りに作っていませんでした。

レシピでは小麦粉は「重量」なのに「体積」であわせていたのです。

それではだれがどうやっても失敗します。

案の定カントリーマームができたわけですし。

 

その件について僕がダメだしをしたら

彼女は「カップに粉用の目盛りがあって・・・」とまず言い訳しました。

そして「○○さん(彼女の同僚の男性)がソフトケーキ用じゃない紙の容器を買って来たので熱伝導率(!)が違ったので膨らまなかったんです」という言い訳を重ねました。

 

僕が激怒したかって?

 

しませんよ。

 

何故なんでしょうか。

 

なれているからです。

 

昔から「無理が通れば通りが引っ込む」っていうでしょ。

そういう目には死ぬほどあっています。

 

不条理とかいいます。

世の中って不条理です。

 

重さで合わせるだけのことがわからないひと、自分のミスを同僚のせいにするひと、熱伝導率(!)とかワケのわからないことをいうひと。

 

そういうたぐいのひとには死ぬほど付き合ってきました。

 

だから慣れています。

 

でも、もういいかな。

 

もうなんだかよくわからないひととのおつきあいは遠慮します。

 

今までそういうことは死ぬほどしてきましたし、卒業します。

 

勉強だったんでしょうけれども、ホントにつらかったんですよね。

 

この話が分かるひと、いっぱいいると思いますよ。

 

みなさんも卒業しましょう。

 

こういうのは無駄なストレスです。