読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

40.50の中学生

成熟について
成熟するのは難しいみたいです。
なんだろう、この難しさ。
40、50で普通に小学生のひともいるし。
若いことの価値がなんだか、とうとばれる世のかなだからなのかなあ。
成熟してないひとがやたらと多いんですけど。
大昔ですけども、
吸血鬼ものの小説を読んで、
終わりの方で主人公の少年が地獄みたいな経験のあとに
ちょっとやせて、ちょっと浅黒くなって、あまり笑わなくなって、
という描写があるんですよ。
スティーブン・キングってそういう成長ものがたりを初期は結構書いてた
と思います。
もちろんジャンルは、その頃はモダンホラーなんですけど。
子供とか、中高生とかなんか集まって笑ったりするでしょ
それはそういう年頃だから
良いんですけど。
それが良い年して
続いてるひとが結構いて
ほんにんはそういうことに問題意識がないみたいで。
女性でもそうですよ。
確かにみんなでランチは楽しいですよ。
だけど、なんかチガウひとたちがいるわけですよ。
結構オバちゃんたちとは一緒に働いてきたから、
あのひとたちがなんか甘いものを食べながら、おしゃべりしながら
働いてっていうのは普通に昔からあることではあるんですよね。
でもなんか40、50の中学生ですか?
っていう謎のひとたちがなんかいて、
謎なんですよ。
僕は正気いえば気持ち悪いです。
ほんにんにはそういうことは当然いえませんけど、
気持ち悪いんですよ、
そういうひとたちって。
なんだろう、あの感じ。
君はそういうの気持ち悪くないですか?