読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中と私

グチです。でも世間のおかしさをいちいちいうと世間にいられないでしょ。

もうアクセクする必要ないから

僕はバス通勤なのですが、工場か事務所で働いているらしい男性が9時5時で働いているようです。 
そういう時間のバスに乗っていますし。
数値目標がどうのこうのとかいう時間を僕は知っているのですが、それは80年代です。
80年代がキラキラしていたというひともいますが、僕の印象ではギラギラしたイヤ時代でした。
あの頃を記録してもらったという意味で当時はあまりピンと来ていなかったのですが、伊丹十三さんの「マルサの女2」は
「あんなに日本人バカだったんだ。あんなことしてたら銀行潰れたんだ」
ということが良く分かる映画です。
今やたらと長い名前の銀行があるのは、なんのかんの言って銀行はつぶれたからです。
今だに金融機関を見ていると他人事ながら
「大丈夫ですか」
と感じますし。
それに具体的なデータでも実証されると思いますが、あの頃から日本経済は「敗戦」しています。
それにあの頃の日本人のおごりはありないほどでした。
特に東京ですね。
あの頃に東京から離れたひとも多いはずです。
もちろんもともとの東京人はそのまま住んでいるのでしょうが。
高度経済成長の頃に「モーレツ」ということばが流行ったのですが、本当に「モーレツ」に働いていた人々がたくさんいらしたのでしょう。
そういうみなさんのことを僕は深く尊敬します。
ただ80年代の日本人のおごりは本当に見苦しかったと僕は感じています。
なんのかんのいってあの「おごり」が「経済敗戦」の一番の原因でしょ。
ああいうマインドはもう必要ありません。
日本のインフラも十分整備されています。
もちろんまだまだの部分もありはします。
でもこんなにインフラが整った国はそうはないはずです。
人口を減少に転じましたし。
だから君はもうアクセクする必要はないのです。
アクセクしているひとは時代が読めていないのです。
金まみれゼニまみれの時代もう終わりました。
もちろんお金を稼いでも構いません。
ただ、そういう場合はインターネットを使ってください。
無料教材で良いものがたくさんあります。
本当に時代が変わりました。
だからもう君はアクセクする必要性そのものがないのです。